挙式の情報はここから!


このサイトでは、挙式における費用相場というテーマでお役立ち情報を凝縮しています。
同じ式でも規模によって予算は違うので、小規模の場合と大規模の場合を分けてそれぞれ準備したいお金の平均額をお伝えします。
また、支払うお金はご祝儀で賄えるかどうかという問題も気になる話題のため、現実的にはどうなのか、お話する予定です。
その他、お金を親から援助してもらうパターンなど、支払いの時に困らないよう関連したお話をまとめてピックアップしているので一読しておくと経済面でも安心できるでしょう。

挙式における費用相場

挙式における費用相場 挙式にかかる費用相場はゲストの人数や内容になっても異なりますが、余裕の範囲内で行うことが重要です。
ウェディングイベントはお金をかければキリがないほど本当に膨大な予算がかかってしまいます。
ただ、節約路線で行けばほとんどお金をかけずに済ませることもできます。
ゴージャス路線にしても節約路線にしても、大事なのは花嫁さんとお婿さんの意見が合っていることです。
担当プランナーさんと打ち合わせをする前に、事前に二人でよく話し合っておきましょう。
自分はお金をかけて盛大に挙式したいのに、相手が節約派だと、打ち合わせの最中に口論になってしまうこともあります。
お金の価値観は恋人、夫婦同士でも違うので、経済面での話し合いはいざ結婚生活が始まってからもプラスになります。
意見が食い違っても、喧嘩越しにならずにお互いの意見を尊重し合えば、良い妥協点が見つかるのではないでしょうか。

挙式の規模によって費用は変わることを知っておこう

挙式の規模によって費用は変わることを知っておこう 人生においてたった一度の挙式ですから、なるべく大勢の人を呼びたいと考える人は案外多いものです。
しかし、結婚式を挙げるのであれば必ず、費用がかかります。
規模を大きくした場合、より大きなお金がかかる可能性もあるのです。
たとえば、家族のみを呼んだ挙式の場合10名程度の参列を予定します。
その場合の挙式の平均額は140万円程と言われています。
これが友人などを呼ぶことになると20名となりますから、費用は170万円と計算できるでしょう。
30人で幅広い関係者を呼べば、200万はかかると予想されるのです。
もちろんこれらには両親からの援助や、ご祝儀などは含まれていませんので、実際にはよりミニマムな価格になる可能性があります。
ご祝儀は地域によって金額が異なります。
さらに、北海道になると会費制という形を取りますので、挙式を行う地域や誰を呼ぶかによって、収支は違ってくるのです。
規模ではなく挙式内容から節約を考える、というカップルも存在します。
式料から料理代、衣装代やお花代など項目は多いのが普通ですから、どの項目の金額を減らすかはカップル次第となります。
日にちや時間にこだわらないことや、季節を選ぶといった節約法もあります。
適切な規模を考え、式を挙げるように心がけましょう。

もっと挙式の情報を探すなら

神戸で挙式を挙げる

新着情報

◎2020/8/24

挙式の費用を親から援助
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

挙式の費用はご祝儀で賄える?
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「挙式 費用」
に関連するツイート
Twitter