挙式の費用を親から援助

挙式の費用を親から援助

挙式の費用を親から援助 結婚式は人生におけるハイライトともいうべきイベントなので、できるだけ華やかにしたいところです。ただ、当然ながら規模が大きくなればなるほど費用は高額となります。そこで、近年では両家の親から経済的援助を受けて式を挙げるケースが増えてきています。とある結婚情報サイトの調べによれば、約65%のカップルが親から金銭の支援を受け、その額は平均すると100万円前後であるとのことです。
挙式費用を援助してもらう時は、予算の総額が決まった時にそれぞれの親に願い出るというのが一般的です。その際、負担の仕方は折半と人数割りという2つのパターンがあります。このうち折半は、文字通り挙式に要する総額を2等分してそれぞれ同額を支出するというものです。一方、人数割りではそれぞれ招いたゲストの数によって負担割合を決めます。また、衣装代や会場までの交通費などは各自が負担し、残りの額を折半または人数割りによって負担するというパターンもあります。

親は挙式の費用をどれくらい援助しているか

親は挙式の費用をどれくらい援助しているか 一般的な結婚式場で友人や職場の同僚・上司を招いて結婚式を挙げようとすると、式場や招く人数、お料理のコースなどによって支払う金額に大きな差が出てきますが、控えめなものにしてもかなりの金額となります。
以前は結婚式の費用は親が出すものだと思われてきましたが、最近では自分たちでそのお金を出すという考え方が主流となってきました。しかし父母の側もお祝いとして少しは援助したい気持ちがあり、また結婚する子どもの側も挙式にかかる費用を少しでも抑えたいという気持ちがあって、お祝いとして援助を受け入れているケースが多いようです。調査によると平均して100万円を出しているということがわかっています。ただこれは単なる平均であって一般的に出すべき金額というわけではありません。挙式は人それぞれであり、家族関係や経済事情もまたそれぞれです。ですから親がいくら出すかというよりも自分たちでできる範囲で行うということのほうが大切なのです。

新着情報

◎2020/8/24

挙式の費用を親から援助
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

挙式の費用はご祝儀で賄える?
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「挙式 親」
に関連するツイート
Twitter